暑い祝日の夜は足を伸ばして

冷蔵庫で冷えた卵焼きと氷枕
「親友」のことを特別に思っている人って、たくさんいるのかな。過去の体験や偏見とかが、「第一歩」と頭の中でくっついちゃうことって、よくある話って言われそうだし。<ヘッダー>

夢中でお喋りする君と横殴りの雪

やり始めたら、仕上がるまでに時間を要するものが、身の回りに多く存在している。
代表的なのが、外国語の習得だ。
しかし、隣国で使用される韓国語は、例外ともいえるようで、私たちが話す日本語と語順が一緒で、実は日本語と同じ音が多いので、習得がわりと容易だそうだ。
しっかり韓国語を学んでいた明日香ちゃんは、英語よりわりと学びやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
なんとなくドキドキしたけれどやっぱり文字はお絵かきにしか見えない。

息絶え絶えで泳ぐ兄弟と僕
自分の子供とのコミュニケーションをすると、子はたいそう私につきまとってくれるようになる。
生後、1年までは、仕事がものすごく大わらわで、顔をあわせることが珍しかったため、まれに顔をあわせても近寄ってくれなかった。
父親でありながらと哀しい心ざまだったが、仕事があわただしいからと見放さずに、毎回、休日に散歩に連れていくらようにした、抱っこしても、お風呂に入れても泣かれないようになった。
今では、仕事で出かけていく時、自分が居なくなることが悲しくて泣いてくれるのが顔がほころぶ。

そよ風の吹く金曜の朝は目を閉じて

何年か前の暑い時期、ガンガン冷やした部屋の中で冷えた飲み物だけ摂取していた。
私はまれに熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必須だと思ったからだ。
冷えた部屋の中で、キャミその上レモンティーにアイスで涼しさを求めた。
なので、順調だと思っていた夏。
秋が過ぎ、寒くなって、例年よりもさらに震えを感じることが増えた。
部屋の外に出る業務が増えたこともあるが、体が冷えすぎてなるべく部屋から出れないという状況。
なので、おそらく、夏の水分摂取は寒い時期の冷え性対策にもつながると思う。
多く栄養を取り、偏りのない食生活を心がけるのが懸命だと思う。

ひんやりした土曜の朝はカクテルを
北方謙三版の水滸伝の人間味あふれていて男気熱いキャラクターが、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主な登場人物が108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
登場人物に人間的な弱さがうかんでくるのもそして、夢中になっていた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に極力チャレンジしているのが読み進めていて楽しい。
読破していて楽しい。
しかし、魅了されるキャラクターが悲しい目にあったり、希望がやぶれていくストーリーも心にひびくものがあるからはまる小説だ。

雪の降る水曜の夜明けにビールを

今朝の新聞に、日本人女性の眉の移り変わりをテーマにした、興味深い解説が書き留められていた。
真相を知ると、次第に色香まで感じられるので不思議だ。
一見すると、怖いもののようにも感じる場合もあるが、江戸時代では結婚している女性の印だという。
真実が分かれば、いきなり色香まで感じられるので面白い。

汗をたらして跳ねる友人とあられ雲
今考えると、小学校入学から、高校まであまり学習をしてこなかった。
周囲が集中して勉強していても、自身は課題で出された事をひたすら行うといった感じだったと思う。
それでも、専門学校に入ってから自分の興味のある分野の勉強が始まると、内容がどばっと頭に入るようになった。
その後、働き始め、見習いを過ぎて本当の業務を任されると、どうしても好き嫌い関わらず勉強せざるを得なくなった。
やりたくないとか感じる暇もなく、何よりも頭を使う日々が続いた。
頭を使うライフスタイルをしばらく体験すると、ふと学校時代に取り組まなかった学習をまたしたいと考えるようになった。
今では、同じことを思っている人が友人に何人もいる。

雨が降る木曜の夕方はシャワーを

台湾出身のビビアン・スーは、容姿端麗で才能ある人だ。
すでに30代後半なんて、全然信じることが出来ない。
昔の話だけれど、印象に残っているのが、ビビアンが、米国人からのインタビューに返答していたところ。
まだまだ勉強している所らしかったけど、非常に熱心だった。
現在は英語はもちろん日本語だって、しっかりペラペラなんだろうなーとみている。
努力家であるビビアン・スーの素敵さは目を見張る位だ。

曇っている休日の早朝はお酒を
働き始めて間もないころ、よく理解していなかったので、大きなごたごたを起こしてしまった。
罪の意識を感じることはないと話してくれたお客さんだが、感じの良い訂正の方法も思いつかず、落ち込んでしまった。
お客さんの一人が、高そうなコーヒーをどうぞ、と言いながらくれた。
勘違いで2個も注文しちゃったんだよね、とニコニコしながら別の種類のドリンク2つ。
長身で、細くてとても豊かな雰囲気をもっていた良いお客さん。
申し訳なかったな、と思う。

じめじめした休日の日没に微笑んで

昔、体調が悪い上に、栄養バランスの悪い食事と、眠りの中身が変だったので、シミが増した。
嫌だなあと思って、食生活を改善することを誓い、美容に良い事をやろうと情報収集をした。
健康雑誌で崇拝されていたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
今でもごくごくと飲むことにしている。
あのレモンよりもビタミンがごっそり含まれているとの事だ。
健康的な体とビューティーは何と言ってもビタミンから出来上がるのかもしれない。

天気の良い祝日の夕暮れに座ったままで
じっと見てしまうくらい美人さんに会ったことがありますか?
実は一度だけ出会いました。
バスの中で若い方。
同性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれだけ手入れをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、内側から醸し出すオーラは多分存在しますよね。
この世界には素晴らしい人がたくさんいらっしゃるんだなーと感じました。

サイトコンテンツ